電子文書のハイパーギア
流通・サービス向け製品:電子化公開

電子文書のハイパーギア
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
お問い合わせ・資料請求はこちら

業種別に製品を探す
製造 流通・サービス 建築・不動産 金融 製薬・医療 官公庁・文教 全企業

作業別に製品を探す
技術文書管理セキュリティ
図面管理
保険申込書
手術同意書・問診表
社内規定集

技術情報&用語集

HYPER SECURE

マイクロソフト認定パートナー
TOP>流通・サービス向け製品:電子化公開

流通・サービス向け製品
pointセキュリティ情報漏洩対策  | point値引き申請書処理フロー効率化  |  point電子化メリット | point電子化公開  
社内規定の社内公開 文書管理とセキュリティの確保を実現

社内規定をセキュリティをかけ、社内公開したい。特に、印刷禁止、持ち出し禁止を閲覧者ポリシーにより制御したい。

photo
こんなことが解決できます
  • 社員には見ていただきたいが、情報漏えいは防ぎたい書類の公開
  • 閲覧者によりセキュリティポリシーを自動的に変えたい
  • 社外秘等透かしを付与したい
「ファイルプロテクト for SharePoint」の特徴・メリット
情報漏えいを防ぐことができる!
印刷禁止、テキストコピー禁止、編集禁止などPDFにセキュリティを自動付与できます。SharePointからPDFをダウンロードすると閲覧できなくなるダウンロード禁止機能が搭載されています。


閲覧者によりセキュリティを自動変更できる!
管理者は印刷が必要だが、一般社員は印刷禁止にしたい。など閲覧者や所属グループによりセキュリティポリシーはまちまちです。SharePoint内のPDFは1つ(セキュリティなし)で、閲覧時に瞬時にセキュリティ付与できます。セキュリティポリシー毎にPDFファイルを用意する必要がなくなります。

視覚的にも社外秘文書であることを明示できる!
社外秘 などのすかしは訴訟対策など考えた場合非常に重要な要件となります。閲覧者や所属グループにより最適なすかしを自動付与することができます。



SharePointの構成は変更しない!
SharePoint構成を変えずに導入できます。SharePointサーバに導入できますので、余分なサーバなど導入する必要がなく、低コストで導入できます。

「ファイルプロテクト for SharePoint」のここが違う!
photo

ユーザやグループに応じてセキュリティ設定ができる。
ユーザやグループに応じて「営業機密」などのすかしを自動付与ができる。
PDFに閲覧者IDや閲覧時間を自動付与できるリアルタイムにセキュアPDFに変更できる。


この商品を導入された企業さまはこのように活用されています!
  • 社内規定や各種社外秘情報(社員名簿、設計書類)をセキュアに保管する。
  • お客様から入手した設計書類、図面をセキュアに保管する。
  • お客様への提案書類をセキュアに社内公開する。
お客様が導入された商品はこちら
HGPscanServPlus
こんなことができます
  • ユーザ/グループ毎に異なるセキュリティ設定が可能
  • ユーザ/グループ毎に異なるすかし付与が可能
  • 印刷禁止、変更禁止、テキスト抽出禁止、SharePointからダインロード禁止が可能
  • 閲覧者情報や閲覧時間をPDFに埋め込むことが可能

詳しく見る



▲topに戻る

メールでのお問い合せ