電子文書のハイパーギア
医療導入事例:電子カルテシステムとアナログ情報統合

電子文書のハイパーギア
プライバシー | サイトマップ
サイト内検索 powered by Google
お問い合せ
お問い合わせ・資料請求はこちら

業種別に製品を探す
製造 流通・サービス 建築・不動産 金融 製薬・医療 官公庁・文教 全企業

作業別に製品を探す
技術文書管理セキュリティ
図面管理
保険申込書
手術同意書・問診表
社内規定集

技術情報&用語集

HYPER SECURE

TOP導入事例>医療:電子カルテシステムやアナログ情報の統合を効率的に自動化、個人情報のセキュリティ確保

導入事例

電子カルテシステムやアナログ情報(紙カルテ&同意書等)統合自動化、個人情報セキュリティ確保

大学病院に求められる研究・教育の機能に加え、特定機能病院として高度な医療を提供し、救命救急センターや総合周産期母子医療センターといった救急医療施設も備える。がん診療連携拠点病院。災害拠点病院などの承認・指定も受けている帝京大学医学部附属病院様 。

電子カルテシステムやアナログ情報(紙カルテ & 同意書など)の統合を効率的に自動化、個人情報のセキュリティを確保するために、病院情報連携基盤「 iEHR 」を導入。
「 iEHR 」には紙文書を効率的に扱う機能があり、そこで「HGPscanServPlus 」が重要な役割を果たしているという。導入した効果を同学の本部情報システム部長である澤先生、同学医療情報システム研究センターの水谷先生にお話をお伺いしました。

<帝京大学医学部附属病院>


本部情報システム部長  澤 智博氏


医療情報システム研究センター  水谷 晃三氏


課題
  • 電子カルテシステムとアナログ情報の効率的な統合、個人情報のセキュリティ確保
go
導入した製品
go
効果
  • PDF文書を保護
  • 自動的にダウンロード禁止や印刷禁止設定がされたPDFが高速に生成

pointHGPscanServPlus導入前の課題 | pointHGPscanServPlus導入後の効果


pointなぜ、HGPscanServPlus を導入したのですか?

病院情報連携基盤「iEHR」にはユーザー認証やアクセスログの蓄積など、基本的なセキュリティ機能はありましたが、PDF化された文書自体の保護はPDF閲覧ソフトの機能に依存するため制限できませんでした。
また、日々の医療業務で発生する紙文書の電子化です。電子カルテシステムを導入すると、すべての情報は端末から入力すればまわると思われがちですが、検査や手術に関わる同意書のように、医師や患者様の署名を必要とする紙帳票や、他の病院から受取る 紹介状も紙文書の場合があります。一部の検査機器には結果を 紙出力するものもあります。検査結果に対して医師が所見を書込む際にも、図示することによって意図が明確になることもあり、この ような場合では紙文書のほうが効率がよいということもあります。 このように、電子カルテシステムを導入した後も、医療業務にお いては紙文書を扱うことが少なくありません。新病棟のシステム では、このような紙文書の効率的な電子化と、電子カルテシステ ムと連携して端末上で閲覧できるようにするためにGPscanServPlus を導入しました。

株式会社ジャムコ 航空機内装品カンパニー
  予約が入った患者さんのカルテを
   都度スキャンして登録


pointHGPscanServPlus を導入後の効果はいかがですか?

スキャナで電子化した後のファイルを保存するフォルダに設定しておくだけで 、自動的にダウンロード禁止印刷禁止の設定がされたセキュアPDFが高速に生成できる。大量のPDFファイルに保護機能を与えることができることが電子化を効率化するための決め手になっています。この紙カルテの電子化作業は、外部業者とスキャナメーカーの協力を受けたが、現在は院内に設置したスキャンセンターで行われている。開院前の準備段階から約半年ほどの間に5万冊の紙カルテが電子化されました。


日々の医療業務で扱われる紙文書には 2 つの種類があります。
1 つは電子カルテシステムから直接出力される紙文書です。 この文書は、リコー社製のプリンタから自動ジェネレートされた一次元バーコード( Code39 )が付与された形で印刷されます。 バーコードには、患者 ID や文書種別などが書き込まれます。
もう一つは、 iEHR によって生成される QR コード付きの紙文書です。QR コードを埋め込んだ紙帳票のほか、電子化の対象とならなかった一部の紙文書に対して、 QR コード付きの表紙が出力されるようになっています。こうすることで、ほぼすべての紙文書を効率的に電子化できるようにしています。 QR コードにも患者や文書種別を特定するためのコードが書き込まれています。それぞれの紙文書は医療業務の中で手書きされた後、院内のスキャンセンターにて電子化されます。

株式会社ジャムコ 航空機内装品カンパニー
  新型インフルエンザで証明書などの
   スキャンが増えている

この際、スキャンデータを HGPscanServPlus が PDF 変換するのと同時に、バーコードおよび QR コードを認識して PDF ファイルに対するコード情報を生成します。 iEHR はコード情報を利用して PDF ファイルをデータベースに格納します。この電子化の作業はスキャン作業を除いてすべて自動的に行われます。 数百種類の文書種と 1 日当たり 2,000 人を超える患者様に関わる紙文書が、正確かつ高速に分類されています。


システム概要図

事例を印刷する
お客様プロフィール
社 名: 帝京大医学部附属病院
開 院: 1971(昭和46)年9月
職員数: 約1,600名
許可病床数: 1,154床
URL: http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/
お客様が導入された製品はこちら
HGPscanServPlus
HGPscanServPlusは、クライアント不要、ネットワーク内の監視フォルダに対象ファイルを入れるだけで、自動的かつ高速にPDF変換する紙・電子文書オールインワン変換サーバです。
紙文書やTIFF/JPEGから検索可能なテキスト付高圧縮PDFを自動生成、QRコード生成/読取り機能で、リネーム、フォルダ振り分けの自動化を実現します。
また、PDFセキュリティ機能のほか、Pscan独自のファイル配布制限機能も搭載しています。

詳しく見る


▲topに戻る

メールでのお問い合せ